協会について
名称の由来
設立日
目的
協会役員構成
事務所
入会について
   
協会の歩み
2004年度活動状況
   
2005年度活動状況
   
2006年度活動状況
   
2007年度活動状況
   
2008年度活動状況
   
2009年度活動状況
   
2010年度活動状況
   
2011年度活動状況
   
2012年度活動状況
   
2013年度活動状況
   
2014年度活動状況
   
2015年度活動状況
   
2016年度活動状況
   
2017年度活動状況
   

 

   
 
 名称の由来:
   
 

 「神戸中国武術協会」(KCWA)という名前は、中国武術(長拳、太極拳、伝統武術などを含む)を日本に伝わりたい熱意でこの名前を作りました。神戸に中心として、日本全国に発信するという目標です。

 
   協会の沿革:
   
   2004年4月に「神戸中国武術協会」を設立
 2005年8月に「神戸華僑総会」に加入
 2006年2月に「公益財団法人兵庫県国際交流協会」に加入
 2006年6月に「神戸中国武術協会」(KCWA神戸本部)として「兵庫県武術太極拳連盟」に加盟
 2006年10月に「財団法人神戸国際協力交流センター」に加入
 2007年3月に「社会福祉法人兵庫県社会福祉協議会」に加入
 2009年4月に「KCWA住道太極拳クラブ」(大阪支部)として「大阪府武術太極拳連盟」加盟
 2010年11月に「神戸東岳太極拳研究会」を設立
 2013年11月に「神戸開門八極拳研究会」を設立
 2014年3月に「世界陳小旺太極拳総会神戸分会」を設立
 2004年~ 広く武術太極拳の普及活動を行う
 
   目  的:
   
   当協会は、中国の各種武術、太極拳、気功に親しみながら、世代・性別を超え、生涯を通して健康に過ごせるように、普及、発展に努めて行きます。そして、個々が関心を持ち、技術向上に励み、個性を育んでいけるように指導・活動致します。また、地域住民の交流はもとより、日中両国の相互理解と友好交流活動に貢献していく所存です。
 
   協会の特徴:
   
 

 陳式太極拳、東岳太極拳、簡化24式太極拳、32式・42式太極剣、総合太極拳、伝統武術、気功導引術、など多種多様な教室を開講しておりますので、初心者から上級者まで希望・レベルにあった状況で学べ、好奇心を満足させることが出来ます。また、現在の中国における武術家との交流もあり、中国への研修旅行なども定期的に行なっております。健康太極拳や競技用太極拳だけでなく武術としての太極拳まで網羅しているため、どなたにとっても楽しく学べる場となっております。

 
   協会の構成:
   
 

 役   員: 会長(1名) 副会長(1名) 理事長(1名) 理事(若干名)
 事 務 局: 事務局長(1名) 副事務局長(1名)
 技術委員会: 委員長(1名) 副委員長(1名) 委員(若干名)
 検定委員会: 委員長(1名) 副委員長(1名) 委員(若干名)

 
   事務所:
   
 

 住所:〒651-0073
    神戸市中央区脇浜町海岸通1-5-1-2F 兵庫国際プラザ・活動支援室
 Tel:090-9098-0276(立花まで) 
 FAX:078-231-2518(FAXのみ)
 E-mail: wushuinfo@kcwo.net

 
   入会について:
   
   ①、会員の入会資格については、特に定めない。
 ②、会員として入会しようとするものは、協会の代表者が別に定める入会申込書により代表者に申し込むものとし、正当な理由
   がない限り、入会を認めなければならない。
 ③、入会の手続き、入会金を納めた時点から、この協会の会員としての資格を得るものとする。
 
 
 
 
 
 
2004年度活動状況 2005年度活動状況
   
2006年度活動状況 2007年度活動状況
   
2008年度活動状況 2009年度活動状況
   
2010年度活動状況 2011年度活動状況
   
2012年度活動状況 2013年度活動状況
   
2014年度活動状況 2015年度活動状況
   
2016年度活動状況 2017年度活動状況
   
 
 
 
   2005年度活動状況:
   
 
 気功導引術の普及:
 

 2003年10月~2005年5月、王子公園サブ競技場で気功を普及するボランティアの活動を行っていました。
 最近、気功導引術の練習で、参加者の中にある方はいつも朝に起きる時に目眩があったのですが、1年ぐらい気功導引術の練習を続けると、症状がなくなりました。他のたくさんの方は気功導引術の練習で体調が良くなり、以前と比べて大変元気になりました。しかし、残念ながら、気功導引術を指導していた当協会の指導員は引っ越ししたため、朝気功導引術の練習が中止になりました。今まで、参加していた方々に迷惑をかけました。いつもラジオ体操時の先生達はご協力していただいて、大変お世話になりました。今まで短い時間ですが、心から感謝して、ありがとうございました。

 
指導中
 
 
 恩師門先生と横浜で会いました。横浜市太極拳協会フェスティバルに参加及び表演)
 
 2005年1月16日に横浜市太極拳協会フェスティバルを参加しました。その時に恩師門 恵豊教授とカン 桂香教授と両先生と2年ぶりで会いました。実は、毎年のこの頃に、横浜市太極拳協会の会長鈴木 康弘先生より、お二人先生を招聘します。
 
王の陳式太極拳表演 門老師の太極棒 発表会後のパーティーで両恩師
 
東岳太極拳のDVDをいただきました パーティーのゲームに参加した門老師  
 
 
 神戸市体育協会「スポーツ指導者バック」に武術太極拳指導者の登録
 
 より多く市民及び県民に武術太極拳を紹介できるように、さらに国際交流などボランティア活動が広がるように、と言う主旨で当協会より神戸市体育協会に武術太極拳指導者を推薦し、「スポーツ指導者バック」に武術太極拳指導者の登録を申請しました。2005年3月に無事に登録されました。
 
 
 「東方文化藝術団」との交流
 
 幸いに「東方文化藝術団」の田偉団長と知り合いました。お誘いで2005年4月30日に神戸海洋博物館のホールで東方文化藝術団チャリティコンサートに参加し、太極拳を表演することになりました。このコンサートの参加でいろんな方々と出会って、とっても良い交流機会になりました。
 
 
左1番目人は田偉さんです。真ん中の方は吉本興業の元社長です。 このコンサートのため、オストラリアから来た歌手劉さん  
 
 
 中国国家武術院(中国武術協会)主催で中国武術段位試験に参加
 
 2005年8月9日~15日1週間をかけて、上海体育学院にで、中国国家武術院主催で中国武術段位試験を参加しました。参加者は日本、フランス、ポーランド、イタリア、ニュージーランド、オストラリア、韓国、マカオなど10ヶ国及び地区の40人が参加しました。当協会では王指導員が参加させていただきました。今試験を通じて、中国国家武術院の院長王小傑及び有名な武術家蔡龍雲先生とお会いができました。筆記試験から実技試験まで、練習、勉強、再練習、再勉強、そして試験、密度が高い一週間で、あっと言う間に終わりました。大変良い勉強になりました。結果は無事に中国武術六段位に合格しましたが、自分自身はまたまた勉強不足と痛感しました。
     
試験官と部分試験参加者 中国国家武術院の院長王小傑先生より授段式 安徽省チームの賈平と陜西省チームの邵照明元中国全国チャンピオン達との再会
 
 
 神戸市灘区役所太極拳講習会の開催
 
 神戸市灘区役所の依頼で、12月7日に灘区役所内で役所職員向け「太極拳エクササイズ」講習会を行いました。参加者は50人ぐらいに参加しました。そして、お昼休みの時間帯を利用して、役所「職員太極拳教室」が2006年1月から開講することは決めました。
 
 
 
 
 

0
Copyright ©2004~ K.C.W.A.
本サイトの無断複写転載および利用使用は、特定の場合を除き、神戸中国武術協会の著作権の侵害になります。