協会について
名称の由来
設立日
目的
協会役員構成
事務所
入会について
   
協会の歩み
2004年度活動状況
   
2005年度活動状況
   
2006年度活動状況
   
2007年度活動状況
   
2008年度活動状況
   
2009年度活動状況
   
2010年度活動状況
   
2011年度活動状況
   
2012年度活動状況
   
2013年度活動状況
   
2014年度活動状況
   
2015年度活動状況
   
2016年度活動状況
   
2017年度活動状況
   
2018年度活動状況
   

 

 
 
 名称の由来:
   
 

 「神戸中国武術協会」(KCWA)という名前は、中国武術(長拳、太極拳、伝統武術などを含む)を日本に伝わりたい熱意でこの名前を作りました。神戸に中心として、日本全国に発信するという目標です。

 
   協会の沿革:
   
   2004年4月に「神戸中国武術協会」を設立
 2005年8月に「神戸華僑総会」に加入
 2006年2月に「公益財団法人兵庫県国際交流協会」に加入
 2006年6月に「神戸中国武術協会」(KCWA神戸本部)として「兵庫県武術太極拳連盟」に加盟
 2006年10月に「財団法人神戸国際協力交流センター」に加入
 2007年3月に「社会福祉法人兵庫県社会福祉協議会」に加入
 2009年4月に「KCWA住道太極拳クラブ」(大阪支部)として「大阪府武術太極拳連盟」加盟
 2010年11月に「神戸東岳太極拳研究会」を設立
 2013年11月に「神戸開門八極拳研究会」を設立
 2014年3月に「世界陳小旺太極拳総会神戸分会」を設立
 2004年~ 広く武術太極拳の普及活動を行う
 
   目  的:
   
   当協会は、中国の各種武術、太極拳、気功に親しみながら、世代・性別を超え、生涯を通して健康に過ごせるように、普及、発展に努めて行きます。そして、個々が関心を持ち、技術向上に励み、個性を育んでいけるように指導・活動致します。また、地域住民の交流はもとより、日中両国の相互理解と友好交流活動に貢献していく所存です。
 
   協会の特徴:
   
 

 陳式太極拳、東岳太極拳、簡化24式太極拳、32式・42式太極剣、総合太極拳、伝統武術、気功導引術、など多種多様な教室を開講しておりますので、初心者から上級者まで希望・レベルにあった状況で学べ、好奇心を満足させることが出来ます。また、現在の中国における武術家との交流もあり、中国への研修旅行なども定期的に行なっております。健康太極拳や競技用太極拳だけでなく武術としての太極拳まで網羅しているため、どなたにとっても楽しく学べる場となっております。

 
   協会の構成:
   
 

 役   員: 会長(1名) 副会長(1名) 理事長(1名) 理事(若干名)
 事 務 局: 事務局長(1名) 副事務局長(1名)
 技術委員会: 委員長(1名) 副委員長(1名) 委員(若干名)
 検定委員会: 委員長(1名) 副委員長(1名) 委員(若干名)

 
   事務所:
   
 

 住所:〒651-0073
    神戸市中央区脇浜町海岸通1-5-1-2F 兵庫国際プラザ・活動支援室
 Tel:090-9098-0276(立花まで) 
 FAX:078-231-2518(FAXのみ)
 E-mail: wushuinfo@kcwo.net

 
   入会について:
   
   ①、会員の入会資格については、特に定めない。
 ②、会員として入会しようとするものは、協会の代表者が別に定める入会申込書により代表者に申し込むものとし、正当な理由
   がない限り、入会を認めなければならない。
 ③、入会の手続き、入会金を納めた時点から、この協会の会員としての資格を得るものとする。
 
 
 
 
 
 
2004年度活動状況 2005年度活動状況
   
2006年度活動状況 2007年度活動状況
   
2008年度活動状況 2009年度活動状況
   
2010年度活動状況 2011年度活動状況
   
2012年度活動状況 2013年度活動状況
   
2014年度活動状況 2015年度活動状況
   
2016年度活動状況 2017年度活動状況
   
2018年度活動状況  
   
 
 
 
 
   2018年度活動状況
   
 
 泉佐野市の「慢慢太極拳集団」の招請でに講習会を:
   
   新緑がまぶしい4月22日、慢慢太極拳集団の甚野先生の要請で、泉佐野市で国際規定孫式太極拳講習会が催されました。
 今回の要請講習会は甚野先生の会で第8回目でした。国際孫式太極拳套路講習会は今回第3回目です。たくさんの方が参加していただきました。
 内容は、第4段でした。前回の第1、2、3段の復習で、第4段まで進みました。皆さんはいつもの真剣な姿に感動します。
 套路をやりながら、やはり一番基本的であり、一番孫式太極拳特徴的な歩法練習が強調しながら練習しました。即ち、後ろ足を前足に寄せる前後の幅によってABCと名付けられました。Aは前足の真横に揃える、Bは、前足の踵まで、Cは前足の20㎝くらい後ろ…という具合です。(ちなみに横幅はいずれも20㎝程度とのことです)
 「はい、次はAです…それからB…そしてCになります!」というように、練習は進んでいきます。こうして文字だけみていると何のこっちゃかよくわかりません(失礼!)が、実際には、このABCが大いに役立ちました。(とはいうものの、お昼休憩の後、なぜか私の頭の中でAとCが反対になってしまい、一人混乱することになったのですが…。その後、すぐに自分の勘違いだと気づきました。この場を借りてお詫び致します。先生ごめんなさい。)
 そんなこんなで、午後は少々飛ばし気味に孫式太極拳の2式まで套路を通すことができました。(私の説明も飛びすぎ…笑)
 何といっても歩法が独特で回転も多いので、方向が変わるたびに先生は右に左に前に後ろへと忍者のように移動してご指導して下さいました。体育館いっぱいの生徒の皆さんも、複雑な動きに四苦八苦しながらも、時おり交える先生の冗談で終始笑いが絶えず、楽しい雰囲気で一日の練習を充実して終えることができました。また、このような機会がありましたら、ぜひ参加させていただきたいです。 王先生ありがとうございました。そして、最後になりましたが、お世話になった田中先生や中川先生およびスタッフの方々、どうもありがとうございました。(文:梅田 裕子)
   
     
  健身気功柔軟体操 孫式太極拳の基本から!
     
  第一段の見本演武 お昼休みに熱心の皆さん!
     
  一日皆さん、大変凄い集中力でした! 全員集合写真!
   
 
 
 
 
 

0
Copyright ©2004~ K.C.W.A.
本サイトの無断複写転載および利用使用は、特定の場合を除き、神戸中国武術協会の著作権の侵害になります。