協会について
名称の由来
設立日
目的
協会役員構成
事務所
入会について
   
協会の歩み
2004年度活動状況
   
2005年度活動状況
   
2006年度活動状況
   
2007年度活動状況
   
2008年度活動状況
   
2009年度活動状況
   
2010年度活動状況
   
2011年度活動状況
   
2012年度活動状況
   
2013年度活動状況
   
2014年度活動状況
   
2015年度活動状況
   
2016年度活動状況
   
2017年度活動状況
   
2018年度活動状況
   
2019年度活動状況
   

 

 
 
 名称の由来:
   
 

 「神戸中国武術協会」(KCWA)という名前は、中国武術(長拳、太極拳、伝統武術などを含む)を日本に伝わりたい熱意でこの名前を作りました。神戸に中心として、日本全国に発信するという目標です。

 
   協会の沿革:
   
   2004年4月に「神戸中国武術協会」を設立
 2005年8月に「神戸華僑総会」に加入
 2006年2月に「公益財団法人兵庫県国際交流協会」に加入
 2006年6月に「神戸中国武術協会」(KCWA神戸本部)として「兵庫県武術太極拳連盟」に加盟
 2006年10月に「財団法人神戸国際協力交流センター」に加入
 2007年3月に「社会福祉法人兵庫県社会福祉協議会」に加入
 2009年4月に「KCWA住道太極拳クラブ」(大阪支部)として「大阪府武術太極拳連盟」加盟
 2010年11月に「神戸東岳太極拳研究会」を設立
 2013年11月に「神戸開門八極拳研究会」を設立
 2014年3月に「世界陳小旺太極拳総会神戸分会」を設立
 2004年~ 広く武術太極拳の普及活動を行う
 
   目  的:
   
   当協会は、中国の各種武術、太極拳、気功に親しみながら、世代・性別を超え、生涯を通して健康に過ごせるように、普及、発展に努めて行きます。そして、個々が関心を持ち、技術向上に励み、個性を育んでいけるように指導・活動致します。また、地域住民の交流はもとより、日中両国の相互理解と友好交流活動に貢献していく所存です。
 
   協会の特徴:
   
 

 陳式太極拳、東岳太極拳、簡化24式太極拳、32式・42式太極剣、総合太極拳、伝統武術、気功導引術、など多種多様な教室を開講しておりますので、初心者から上級者まで希望・レベルにあった状況で学べ、好奇心を満足させることが出来ます。また、現在の中国における武術家との交流もあり、中国への研修旅行なども定期的に行なっております。健康太極拳や競技用太極拳だけでなく武術としての太極拳まで網羅しているため、どなたにとっても楽しく学べる場となっております。

 
   協会の構成:
   
 

 役   員: 会長(1名) 副会長(1名) 理事長(1名) 理事(若干名)
 事 務 局: 事務局長(1名) 副事務局長(1名)
 技術委員会: 委員長(1名) 副委員長(1名) 委員(若干名)
 検定委員会: 委員長(1名) 副委員長(1名) 委員(若干名)

 
   事務所:
   
 

 住所:〒651-0073
    神戸市中央区脇浜町海岸通1-5-1-2F 兵庫国際プラザ・活動支援室
 Tel:090-4641-0208(毎週金曜日10:00~16:00中川まで) 
 FAX:078-231-2518(FAXのみ)
 E-mail: wushuinfo@kcwo.net

 
   入会について:
   
   ①、会員の入会資格については、特に定めない。
 ②、会員として入会しようとするものは、協会の代表者が別に定める入会申込書により代表者に申し込むものとし、正当な理由
   がない限り、入会を認めなければならない。
 ③、入会の手続き、入会金を納めた時点から、この協会の会員としての資格を得るものとする。
 
 
 
 
 
 
2004年度活動状況 2005年度活動状況
   
2006年度活動状況 2007年度活動状況
   
2008年度活動状況 2009年度活動状況
   
2010年度活動状況 2011年度活動状況
   
2012年度活動状況 2013年度活動状況
   
2014年度活動状況 2015年度活動状況
   
2016年度活動状況 2017年度活動状況
   
2018年度活動状況 2019年度活動状況
   
 
 
 
 
   2019年度活動状況
   
 
 三重県太極拳協会の招請でに「42式剣の講習会」を:
   
   大型十連休の中、5月3日に三重県太極拳協会の奥村理事長の招請で津市の体育館で42式剣講習会が行われました。
 開催日は連休のほぼ真ん中ですが、たくさんの方々が参加していただきまして、本当にビックリしました。
 今回は、三重県で42式剣の講習会は初めてです。やはり初心者の方は多かったため、いつもの講習会と変わって、まず動作名称の説明からスタートしました。
 動作名称は良く覚えると、套路の記憶に大変大きな役に立つよ、っと良く先生から言われることはご存知の方は少なくないと思います。しかしながら、やはり中国語の簡化字の理解、と発音がなかなか難しくて、あきらめる方は殆どですね。ですので、今回は、特別に動作名称だけ取り出して、特別講義が行いました。
 動作名称の発音が難しいですが、意味が理解すると套路が覚えやすくなるし、やる気がさらに増えます。
 動作名称の特徴がいくつかを申し上げます。
 1、動作名称の中に、動きの形(歩形、身形など)が現れます。
 2、動作名称の中に、技法(剣法、腿法、手法など)が明記しているのは殆どです。
 3、動作名称の中に、套路のポイント的な動きが入っています。
 以上のいくつの特徴を理解し、しっかりつかむと、練習の楽しさが倍増しますよ。
 午前中に動作名称の説明が終って、午後から套路の講習に移りました。今回の講習会は42式剣の前半くらいまでに進みました。初めての方が多かったため、出来るだけ分かるように説明して、少しずつ分かった上で進みました。一回だけの講習で、一遍に覚えないですが、剣の用法など、大変良い経験、良い刺激になったと思います。大変難しく感じる方はいらっしゃいましたが、参加者の皆さんは、一生懸命に頑張りました!
 今回の講習会は私にとっても、大変良い経験になり、奥村先生たちにこの貴重な機会をいただき、ありがとうございました。後は、いろいろお世話をしていただいたスタッフの方々は、大変お疲れ様でした。
 謝謝大家!!(文:王)
   
 
  動作名称の解釈 剣技法の説明
 
  熱心な皆さん 楽しい打上げ!
 
  皆さん、お疲れ様でした!
   
 
 
 
 
 

0
Copyright ©2004~ K.C.W.A.
本サイトの無断複写転載および利用使用は、特定の場合を除き、神戸中国武術協会の著作権の侵害になります。